本の黄ばみを取りたい!実際試してみた黄ばみの取り方+そもそも本が黄ばんでしまう原因とは?

本の黄ばみを取りたい! 暮らしのあれこれ

こんにちは、アンナです。

 

昨日、こんな記事を書きました。

貸した本が久しぶりに返ってきた!→…友人との本の貸し借りを辞めようと思います

 

ざっくりした内容としては、「友人にマンガ本を貸したら約2年後に黄ばんで返ってきてショックを受ける→今後は人に本を貸すのを辞めよう!」というお話です。

 

黄ばんでしまったマンガ本、とても大切にしていた思い入れのあるマンガ本だったんです。

 

なので結構ショックだったのですが、、

ネットで調べてみると、なんと黄ばんだ端の部分を白くする方法があるらしい…!

 

さっそく試してみたので、どなたかの参考になれば幸いです。

そもそもなんで本は黄ばんでしまうのか?

紙が劣化してしまう原因はいくつかあり、

  • 光(紫外線)
  • 空気(酸化)
  • 湿気
  • ほこり
  • カビ

などなど。

 

この中で黄ばみ(日焼け)の主な原因になっているのは、
●光(紫外線)
●空気(酸化)

 

本に使われている紙の成分が、光と空気にさらされる

成分の構造が変化する

「黄ばむ」原因になる

 

日光はもちろんのこと、蛍光灯の光から発せられる紫外線にも注意!

 

アンナ
アンナ

じゃあ、扉付きの棚の中に保管しておけば大丈夫なのかな?

と思いきや、

 

「真っ暗な部屋」に本を保管しておいたとしても、そこに空気がある状態だと酸化による「黄ばみ」は防げないんだそう…!

 

アンナ
アンナ

そこに光が加わると、酸化のスピードがもっと早くなってしまうんだって💦

 

私がマンガ本を貸していた友人は、約2年間、おそらく(言い方悪いですけど)そのマンガ本をその辺に適当に置いておいたんじゃないかな?と推測されます。

 

テーブルや棚の上にただ置いておくだけで、「紫外線にさらされた状態+空気に触れている状態」が出来上がってしまいますので…

 

アンナ
アンナ

誰かから本を借りて返却が先になりそうな時は、(空気に触れないは無理でも)せめて光に当たらないところに保管しておくべきですね…

 

本の黄ばみを取る方法とは?

調べてみたところ、

  • 黄ばんだ部分を紙やすりで削る
  • 漂白剤をしみ込ませた布で拭く

 

という方法がありました。

 

漂白剤で拭くのは、、あまり試したくない方法…

(お気に入りのマンガ本を濡らしたくない💧)

 

なので、紙やすりで研磨してみることにしました。

 

アンナ
アンナ

「ブックオフ」でも、買い取った本が黄ばんでいた時には専用の研磨機で磨いているんだって!

 

マンガ本の黄ばんでしまった部分を紙やすりで磨いてみた結果

友人に貸して黄ばんで戻ってきたマンガ本のカバーを外し、家にたまたまあった紙やすりを使ってやさしめに磨いてみたところ…

 

▼マンガ本の上の部分を半分くらい磨いたところ

黄ばんだ部分を半分磨いてみた画像

あきらかに白くなってるー!

すごい!

 

▼もともと自宅で保管していたマンガ本と比べてみると、

黄ばんだ部分を半分磨いてみた画像

…すみません、写真撮るときにフィルターかけて撮ってるので、上の本と下の本の半分磨いた部分が同じくらい白く見えますが、実際はもうちょっと黄色いです💦

 

でも、結構白さが近づいている!

 

▼もう半分も磨いてみました

黄ばんだ部分を磨いた画像

 

▼また自宅保管のマンガ本とくらべてみると、

黄ばんだ部分を磨いた本の画像

アンナ
アンナ

綺麗になってる~!!

自宅保管のものに白さが近づきました!

 

▼この調子で本の下側も!半分磨いてみたところ

黄ばんだ部分を半分磨いてみた画像

 

▼開く部分も磨いて、自宅保管のものと比べたところ

本の開く部分を磨いてみた画像

下が磨いたものですが、白くはなっているものの、比べるとやっぱりまだ黄色いですね。

 

 

▼磨く前と後を比較してみると…ビフォーアフター

比べると、やっぱり綺麗になっているのがわかりますね!

 

すごい、すごい♪

 

ただ、限界があります…

しかも削って綺麗になっているわけなので、大切な本だとちょっと気になってしまうかも。

 

私は家にたまたまあった紙やすりを使って、自己流に磨いてしまいましたが、、

その後にブックオフオンラインのコラムに丁寧なやり方が書いてあるのを発見しました。

 

【実践】日焼けした本の修復

 

もし「やってみよう!」という方がいれば、上のリンクからやり方を見てみてくださいね!

 

「本の黄ばみの原因と黄ばみの取り方」のまとめ

黄ばみの原因になるのは主に、

●光(紫外線)

●空気(酸化)

部屋のその辺に適当に放置してしまうと、黄ばむのが早くなるので注意した方がよさそうです。

 

黄ばみを取るために、実際に紙やすりで研磨してみた結果は…

黄ばみが薄れてきれいになった!

 

ただ注意点としては、、

●紙やすりで削るので、大事にしている本を研磨する場合は、傷つけないように気を付けながら自己責任でやること

●黄ばみが薄れるとはいえ、やっぱり限界がある

 

アンナ
アンナ

絶版本や高価なもの以外で黄ばみがあまりにも気になるなら、黄ばみ取りをがんばるよりも買い直しちゃった方が手軽かも。。

 

実際やってみると、完璧には無理だけど綺麗にはなったので、気になる方は試してみてくださいね。

 

 

読んでくださりありがとうございます。

 

それでは~

コメント

当ブログ管理人
アンナ

約10年うつ病を患っていた【元うつ病】、子なしのアラフォー主婦です。
少し神経質でわりと綺麗好き、でもめんどくさがりでもあります。
東京在住。

当ブログは私自身のうつ病体験談や家族のこと、ライフスタイルや好きなことを綴っていく雑記ブログです。

詳しいプロフィールはこちら

アンナをフォローする
タイトルとURLをコピーしました