自己紹介

自己紹介 自分のこと

アンナの似顔絵

♢アンナ♢

こんにちは。初めまして。

アンナと申します。

 

元うつ病、子なしの30代アラフォー主婦です。

若干神経質なところがある綺麗好き、でもすごくめんどくさがりでもあります。

夫と二人暮らしの東京在住。

 

私は約10年うつ病を患っていました。

その期間は本当につらく、苦しく、少し良くなったかも?と思うとまた悪くなる…

アンナ
アンナ

ずっと出口のない、真っ暗なトンネルの中を彷徨っているような感じでした。

夫と出会ったことをきっかけに、少しずつ良くなっていき、今では通院をやめて生活することができるようになりました。

 

とは言え、いまだに不安定な時もあり、気分の落差が激しい時期もあります。

 

そんな私ですが、ちょっとしたきっかけから「ブログをはじめてみよう!」と思い立ち、当ブログ『アンナはアンナである』を立ち上げました。

 

ざっくり生い立ち

私の出身は東北です。
家族4人暮らしのごく平凡な家庭に育った…かと思いきや、兄が知的障害者ということもあり、”平凡”とは少し離れた生活を送ってきました。
なぜか私は、物心ついた時から自己肯定感が低く常にネガティブ思考自己評価も低い自分が嫌いでとても消極的な子供でした。
ついでに人見知りで、人と上手く付き合うのが苦手。
アンナ
アンナ

今は自尊心を高めようとちょっとずつ頑張っている最中です。

人見知りは変わらないなぁ。

中学校時代、友達関係でかなりしんどいことがあり、毎日毎日つらい気持ちで学校へ通っていました。
紆余曲折を経てそれも落ち着きますが、今度は兄が急におかしくなり精神病棟へ入院
私はというと学年が上がって新しいクラスに馴染めず、つらくて学校を脱走…(消極的なくせに変なところで行動力を発揮)
アンナ
アンナ

兄の入院や学校の脱走については、おいおい詳しく記事にしようと思います。(需要あるかなー?)

高校でも友達関係に悩んだり、学校を休みがちになったり…
私にとって中学・高校生時代はまさに暗黒時代でした。

東京で一人暮らし中にうつ病に

高校卒業後、東京の専門学校に進学した私は、初めての1人暮らしに開放感を感じていました。
両親の仲が悪く、兄は知的障害があり、家族関係はとても息苦しさがあったんです。。
東京で暮らし始めて1年弱たった頃…
母からの1本の電話がきっかけで、一気に精神バランスを崩していくことに。
アンナ
アンナ
このきっかけについては長くなるので、詳しくは別途記事にします。
◎詳しい「きっかけ」記事、書きました
寝れなくなったり、学校へも遅刻が多くなり課題もできず、食事もあまり摂れなくなったり…
友人の勧めで心療内科に行き、「うつ病」と診断されました。

約10年のうつ病生活へ

専門学校時代も大変でしたが、卒業してからも大変でした。
就職はせず、実家の援助を受けつついくつかバイトをするも、病状が悪化
ついに独りで東京に暮らすことができなくなり、実家へ戻りました。
もちろん地元でも心療内科へ毎週のように通院。
この頃から摂食障害でも苦しむようになり、さらにしんどくなる一方でした…
アンナ
アンナ

私の状態が不安定すぎて、家族にはかなり負担をかけたなと思っています。特に母には心配と迷惑をいっぱいかけました💦

ものすごく不安定な時を過ごしながらも、やりたいことを少しずつやったりしていく中で、また東京に戻りたいと思うようになります。
その後、東京に居る友人の協力のおかげで、私はまた東京に戻ることになりました
そして東京でもまた通院しつつ、仕事をするようになります。
が、行けなくなる時もあったし、ちょっとしたいざこざで(今思うと)異常なくらい泣いたりしていましたね。
実家に戻っていた頃に比べたら、状態は落ち着いてきていたものの、仕事のストレスもあり、毎日毎日しんどくて仕方なかったです。

夫との出会いにより徐々に快方へ

そんな時に夫と出会いました。

 

アンナ
アンナ

今思うと、私にとって奇跡のような出会いです。

夫と過ごすようになり、少しずつですが良くなっていきました。

心療内科にも一緒についてきてくれたりと、とても理解があり、一緒にいてこんなに安心できる人は初めてでした。

 

無条件に自分のことを認めて受け入れてくれる存在って、本当に大切。

自分自身で自分のことをなかなか認めてあげられないから尚更です。

 

それから「結婚→引っ越し→転職」と、環境の変化がいろいろありましたが、その過程で通院もやめました。

 

通院をやめてから~ブログを始めるまでの現在

その後もう一回転職してから、今は仕事を辞めています。

 

好きでやりたいことがあり、それをメインでやるために仕事を辞めました。

とは言え、好きなことの収入はほとんどない状態💦なので、ほぼ専業主婦みたいなもの。

 

アンナ
アンナ

外で働くストレスが減った分、もっと楽しく生活できるはず!

と思っていたら、そんなに甘く?はなかった…

 

もともと出不精で家にいることが好きな私。

にもかかわらず、圧倒的に家に独りでいる時間が増えると、今度は余計なこと(どうでもいいネガティブなこと)を考え始めてしまうように…

 

  • 夫はお金を稼いできてくれているのに私は全然稼いでいない(私ってダメな奴だな)
  • みんな外で働いて頑張っているのに私は家にいていいのだろうか…(誰かも分からない他人と勝手に比べて落ち込む)
  • なぜか不安や焦りを感じてしまう(私はこのままでいいのだろうか…)

 

自尊心(=自分に対して肯定的な気持ち)が低すぎて、他の人と比べて落ち込んだり、収入がないことに対して自分のことを責めてしまう…そんな風になってしまいました。

 

もちろん常にそういう思考になっているわけではありませんが、気持ちが不安定になる時が多くなってきていたのは事実です。

 

知人からのアドバイスでブログに興味を持つことに

そんな時に知人からこんなアドバイスをもらいました。

知人
知人

好きなことや楽しいことだけを毎日して、それをブログに書いてみては?

アンナ
アンナ

ブログかぁ。考えたこともなかった。私にできるのかな…?

 

それからブログについていろいろ調べ、超初心者のくせにワードプレスでブログを始めることに。

 

何を書こう…?と考えた時に、知人のアドバイス通り好きなことや楽しいことも書くけれど、もしかしたら私のうつ病体験や身内に知的障害者がいることが、誰かの何かの役に立ったり励ましになるかもしれない…と思いました。

 

詳しくは>>元うつ病30代主婦の私がブログを始めてみようと思ったきっかけと、始めてみて良かったこと

 

このブログで書いていきたいこと

 

  • 私のうつ病の体験談
  • 摂食障害になった時の体験談
  • 知的障害の兄のこと
  • 子なし主婦のライフスタイル(暮らしのことをちょこちょこ整えるのが好き)
  • 映画のこと(昔は好きでよく映画を観ていました)

 

映画に関しては、学生の頃に60年代のおしゃれ映画にはまり、他に人間ドラマなどよく観ていました。

そういえば最近全然観れていないな…と思ったら、ブログきっかけにまた映画を観ていきたいという気持ちがふつふつと湧いてきました◎

 

「60年代映画」でお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが…

 

当ブログのタイトル『アンナはアンナである』と私のハンドルネーム『アンナ』は、

1961年ジャン=リュック・ゴダール監督の映画、『女は女である』をもじったもの、そして主演女優のアンナ・カリーナのアンナからとって付けたものになります。

 

アンナ
アンナ

その時代の映画が本当に好きで、特に好きな作品から拝借しました。

 

当ブログは、不安定気味の私が毎日心穏やかに暮らすために、楽しいことをしてそれを綴る日記ブログ。

そして今までの私自身のうつ病体験など、どなたかのお役に立てたり励ましになったりできるといいなぁという願いもこめたブログです。

 

どうぞ温かい目で見てやってください。

 

アンナ
アンナ

長々と読んでいただきありがとうございました!

コメント

当ブログ管理人
アンナ

約10年うつ病を患っていた【元うつ病】、子なしのアラフォー主婦です。
少し神経質でわりと綺麗好き、でもめんどくさがりでもあります。
東京在住。

当ブログは私自身のうつ病体験談や家族のこと、ライフスタイルや好きなことを綴っていく雑記ブログです。

詳しいプロフィールはこちら

アンナをフォローする
タイトルとURLをコピーしました